家計簿つけるなら中古車査定の組み合わせが最強かも

人気記事ランキング

ホーム > 学習 > 電験3種資格取得の方法・試験内容及び傾向について

電験3種資格取得の方法・試験内容及び傾向について

電験3種は電気に関する知識・技術を国家資格として証明するものであり、電気工事が関わる現場で主任技術者の立場に就く為には必須の資格となります。

 

電気に関する専門的な事業以外でも求められる可能性があって活用の幅が広い事、取得後に実務経験を積むと追加の試験無しに認定で2種・1種の上位資格を目指せる道が拓けていてキャリアパスが明確な事から、人気資格の1つとなっています。

 


試験は筆記のみによって行われ、理論・電力・機械・法規の4科目から出題が為されます。各科目は20問弱で構成され、全ての回答は番号の選択式によって行う事となります。

 

また計算問題が含まれており電卓の持ち込み・使用が認められていますが、関数電卓は使用する事が出来ません。

 


受験者の中で上位の点を得れば基本的に合格となりますが、近年は電験3種資格への人気が高まっている事もあって合格者が絞られる傾向にあり、合格率は1割に満たない年度が続いています。

 

その為深い知識も要求される傾向が出ており、独学よりも資格講座等を利用して計画的な取得を図る人が増えています。

 


また大学の工学部等で所定の単位を得ており、且つ実務経験期間の証明が可能な場合については、認定で電験3種の資格が得られる場合もあります。例年、認定で資格を得る人は試験合格者の2割程度になっています。